【男の憧れ】細マッチョはどんな人でもなれる!!

トレーニング

f:id:kamoshun:20200525085635j:plain

見た目は細いのに、服を脱いだら筋肉があり引き締まっている体型「細マッチョ」。

女性からの人気も高く、自分も細マッチョになりたいと憧れる男性も多いのではないでしょうか。

細マッチョは、太っている人でもガリガリの人でも、努力次第でなることができます。

今回はそんな細マッチョになりたい人に向けて、細マッチョになるためにするべきことを紹介していきます。

細マッチョの基準

そもそも細マッチョとは何を基準にしているのでしょうか?

実は細マッチョにはっきりとした基準はありませんが、一般的に言われる細マッチョとは、普通の人より筋肉が多く体脂肪率が8~15%ぐらいの人のことを言います。

そして細マッチョの絶対条件としては、腹筋が割れているということではないでしょうか。

いくら体脂肪率が低くても、腹筋が割れていなければただ痩せているだけ。

腹筋が割れていれば、それだけで筋肉があるように見えてしまうのです。

体質によって違うトレーニング方法

f:id:kamoshun:20200407024211j:plain

細マッチョをになるためには、体質によって違ったトレーニング方法を行います。

脂肪がつきやすい人

脂肪がつきやすい人は筋トレと有酸素運動の両方を行うようにすると良いでしょう。

筋トレで筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体質になります。

有酸素運動を行うときは筋トレを先にしてから有酸素運動をするようにと、より効果的に脂肪を燃焼することができます。

やせ型体質の人

痩せていて脂肪がつきにくいとい人は、筋トレを中心に行い、少し高カロリーな食事を摂るようにして身体を大きくしましょう。

身体が大きくなった後は、低脂肪高タンパクの食事に切り替えて有酸素運動で絞っていきましょう。

また、やせ型体質の人は筋肉がつきにくいため、プロテインを活用するのがおすすめです。 

細マッチョが鍛えるべき筋肉

f:id:kamoshun:20200409040402j:plain

細マッチョを目指すには、大きな筋肉を中心にトレーニングをするようにします。

大きな筋肉とは、胸、背中、脚の筋肉のことです。

なぜなら、大きな筋肉を鍛えることによって基礎代謝が上がり、自然と痩せやすい身体になるからです。

また、胸や背中などの大きな筋肉を鍛えるトレーニングは、同時に腕などの小さなの筋肉も使うため、バランスよく鍛えることができます。

そして、細マッチョの代名詞ともいえる腹筋も忘れずに鍛えるようにしましょう。

www.kamoshun.net

ジムでトレーニングをする人はBIG3と言われるベンチプレス、デッドリフト、スクワットを行うようにすれば良いでしょう。

自宅でトレーニングをする人は腕立て伏せやスクワットを大きな筋肉を鍛え、さらにレベルの高いトレーニングをしたい場合は、トレーニング器具を使うのがおすすめです。

www.kamoshun.net

食事管理をする

f:id:kamoshun:20200423112944j:plain

細マッチョを目指す人にとって重要なのが食事管理。

トレーニングをしていても、カロリーの高い物や脂質の多い物ばかり食べていれば太ってしまうし、お腹に脂肪がついていては、腹筋が割れているのかもわかりません。

せっかくのトレーニングの努力をムダにしないためにも、食べるものには気を付けましょう。

基本的には低脂肪高タンパクな食事を摂るようにして、無駄に食べすぎないこと。

早く痩せたいからといって、食事を抜いたりすることは絶対にNG。

食べなければ痩せていきますが、筋肉も落ちて基礎代謝が下がるので太りやすい体質になってしまいますし、たんぱく質が不足していては、トレーニングをしていても筋肉は成長しません。

バランスのとれた食事を心がけ、しっかりと筋肉に栄養を与えてやることが大切です。

そして、食事だけでは摂取しきれないたんぱく質をプロテイン補うようにすると良いでしょう。 

まとめ

細マッチョになるためにはトレーニングと食事管理の両方が大切です。

筋トレと有酸素運動を組み合わせて行い、低脂肪高タンパクの食事を意識して細マッチョの身体を手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました