【筋肉に最強のサプリ】HMBとは?プロテインとの違いは??

サプリメント

f:id:kamoshun:20200410111020j:plain

最近HMBという言葉をよく聞きませんか?

筋トレやダイエットの成果を上げるサプリメントの代表としてはプロテインが有名ですが、今話題のHMBはプロテインを上回る効果があるとして注目されています。

海外ではメジャーなサプリメントで、日本でも最近、芸能人やアスリートが愛用しているということで話題になっています。

今回はそんなHMBについて書いていこうと思います。

HMBとは?

HMBとは、β-Hydroxy-β-Methylbutyric acid(β-ヒドロキシ-βメチル酪酸)という物質の略称で、必須アミノ酸の一つであるロイシンから体内で作られ、筋肉の増加を促進させる働きと、筋肉の減少を抑制させる働きがあります。

ロイシンは、タンパク質を形成する20種類あるうちのアミノ酸の一つです。

この20種類のアミノ酸のうち、9種類は人間の体内で作ることができないため、必須アミノ酸と呼ばれていてロイシンもそのうちの一つです。

ロイシンは乳製品や豆類、魚介類などから摂取することができます。

HMBはグレープフルーツやナマズに含まれていますが、必要な量を十分に摂取するのは難しく、サプリメントで補うのが効率が良いとされます。

ちなみに、体内に摂取したロイシンのわずか5%程しかHMBにならず、1gのHMBを作るのには20gのロイシンが必要となります。

HMBの効果

f:id:kamoshun:20200422044818j:plain

筋肉の合成を促進する効果

筋肉はトレーニングをすると損傷しますが、損傷した筋肉が疲労を感じると、mTORと呼ばれる筋肉の合成スイッチが損傷した筋肉を修復しようとして、筋肉の合成が促進されます。

そして、十分な栄養と休息をとることによって筋肉は成長していきます。

HMBはこのとき脳に働きかけて筋肉を作れという指示を出します。

筋肉の分解を抑制する効果

人間の体には筋肉の分解を促すユビキチン・プロテアソームシステムというものがあります。

筋肉は常に合成と分解を繰り返していますが、体内のエネルギーがなくなると、筋肉がアミノ酸に分解されて、それがエネルギーとして使われるようになります。

筋肉が分解されると、トレーニングによって鍛えられた筋肉が減ってしまうことになります。

HMBはこのユビキチン・プロテアソームシステムをブロックし、筋肉が失われるのを防ぐ効果があるのです。

筋肉の疲労を軽減する効果

HMBには、トレーニングなどで疲労した筋肉の回復を早めてくれる効果があります。

筋肉が早く回復することは、パフォーマンスの維持にもつながります。

また、次のトレーニングにもいい状態で臨むことができ、ケガの予防にもなります。

HMBとプロテインの違い

f:id:kamoshun:20200424032419j:plain

HMBもプロテインも筋トレやダイエットをする人には必須のサプリメントですが、それぞれ違った働きがあります。

HMB

筋肉の合成や分解を防ぐ ロイシンというアミノ酸から作られ、直接筋肉にはたらきかけて筋肉の合成を促進したり、分解を防ぐ働きがある。

要するに、HMBは筋肉の生成に対して指令を出し、筋肉が作られることをサポートするということになります。

プロテイン

プロテインとは英語で「タンパク質」の意味です。

プロテインは筋肉を作るというイメージが強いですが、それ以外にも髪の毛や爪、内臓、骨、皮膚、細胞などを構成します。

私たちの体は全てタンパク質からできているため、タンパク質は健康な体を維持するのには欠かせない栄養素の一つです。

HMBは筋肉に指令を出すのに対し、プロテインは筋肉になる材料ということです。

HMBとプロテインの併用で効果UP

トレーニングをして筋肉をつけたい方は、HMBとプロテインを一緒に摂ることで、効率よく筋肉をつけることが期待できます。

HMBは筋肉を作る作用を促進する働き、プロテインは筋肉を作る材料というように、それぞれ違った役割があります。

両方を併用することでより早く理想の体に近づくことができるでしょう。

プロテインとの併用は全く問題ないので、トレーニング後にプロテインと一緒に摂取するのが望ましいでしょう。

また、HMBもプロテインも飲めば筋肉がつくというものではなく、どちらもトレーニングの成果を上げるためのサポートをするものです。

楽して理想の身体を手に入れることはできませんが、より効果的かつ早く、目標に近づくことは可能です。

HMBとプロテインを活用して、効率よく筋肉をつけましょう!

たった1回分に HMB1,750mg配合!『ビルドメイク24』  

コメント

タイトルとURLをコピーしました