【脚痩せ効果大】縄跳びで楽しくダイエット

子供の頃に誰もがやったことのある縄跳び。

実は縄跳びはダイエットに良いということを知っていましたか?

縄跳びダイエットとも呼ばれていて、特に脚痩せに効果的と言われています。

縄跳び一つの低コストで気軽に始めることができる縄跳びダイエットは、ダイエット効果も高くかなりおすすめです。

ここでは、そんな縄跳びダイエットについて紹介していこうと思います。

縄跳びがダイエットに良い理由

全身運動である縄跳びは有酸素運動と筋トレを同時に行うことができる万能トレーニングで、体の引き締めや脂肪燃焼に効果的です。

縄跳びは有酸素運動

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動です。

有酸素運動は酸素を使い、体の脂肪などをエネルギーに変えて軽~中程度の負荷を長い時間かけて行う運動です。

体内の脂肪をエネルギー源として使うため脂肪燃焼に効果的な運動とされます。

その中でも縄跳びはジョギングなどと比べて運動強度が高く、同じ時間でより多くのカロリーを消費できる効率の高い運動です。

筋肉がつく

縄跳びには筋トレとしての効果もあり、腕、背中、腹筋、お尻、太もも、ふくらはぎなどの全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

特に何回もジャンプを繰り返して行う縄跳びは下半身の筋肉を鍛えるのに効果的で、引き締まったお尻と脚痩せ効果を期待できます。

また、筋肉がつくことで基礎代謝が上がるため消費カロリーも上がり、自然と痩せやすい身体になります。

むくみの改善効果

血流やリンパの流れが悪いと、余分な水分や老廃物が体内に溜まりむくみの原因になってしまいます。

何回もジャンプをして行う縄跳びは足を全体的に刺激し、血流やリンパの流れを良くしてくれるのでむくみの改善に効果的です。

特に女性の場合は男性と比べて筋肉の量も少なく、重力の関係で下半身がむくみがちになります。

縄跳びをすることで血流とリンパの流れを良くし、さらに筋肉もつくのでむくみの改善に効果があります。

縄跳びで脚は太くならない

「縄跳びをすると筋肉がついて脚が太くなる」と聞いたことがあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

なぜなら、縄跳びでつく筋肉は太くならない筋肉だからです。

そもそも筋肉には速筋と遅筋の2つがあります。

速筋
短距離走など瞬発的に力を発揮するための筋肉=筋肥大が起きやすい

遅筋
マラソンなど長い時間持続させることができる筋肉=筋肥大が起きにくい

縄跳びをしてつく筋肉はこの遅筋にあたります。

マラソン選手は筋肉がついていますが、脚が太いということありませんよね?

逆に短距離走の選手は瞬発的な力を必要とするため、筋肉が大きくなって脚が太くなりやすい傾向にあります。

そのため、縄跳びで筋肉がついて脚が太くなるということはありません。

むしろ、遅筋がつくことで脚が引き締まってきれいに見えるようになります。

縄跳びダイエットを効果的に行う方法

ダイエットを効果的にするためには、次のことを意識して行うようにすると良いでしょう。

20分以上行う

縄跳びは20分以上を目指して行うようにしましょう。

有酸素運動は運動を始めて20分後ぐらいから脂肪燃焼が促進されるからです。

とはいっても初めの頃は20分間つづけることは体力的にかなりきついため、慣れるまでは1分間に60回ぐらいの回数を目安に3分間跳びつづけ、30秒休憩してまた3分間行うというようにして3セット程行うといいでしょう。

慣れてきたら時間やセット数を増やしていき、できれば20分以上つづけて行うようにするといいでしょう。

縄跳びの前にスクワットをする

ダイエットをより効果的にしたいなら、筋トレと組み合わせて行うのがおすすめです。

有酸素運動の前に筋トレを行うことで代謝が上がり、有酸素運動をしたときの脂肪燃焼の効率がアップするからです。

特に下半身を鍛えるスクワットは消費カロリーも高く、縄跳びとは違った筋肉を鍛えることができるため、美しく引き締まった下半身を作るのに効果的なトレーニングです。

縄跳びダイエットの注意点

縄跳びは効率の高い運動ですが、足腰への負担も大きいです。

ケガのリスクを減らすためにもしっかりとした準備運動が大切です。

縄跳びをするときはできるだけクッション性の高い靴を履いて、固いコンクリートではなく土や芝生の上で行うようにすると足腰への負担を軽減できるでしょう。

また、縄跳び後はストレッチやマッサージをすることで筋肉痛の緩和やむくみの防止にもつながります。

縄跳びで楽しくダイエットを!

縄跳び一つあれば簡単に始めることができる縄跳びダイエット。

子供のころ、縄跳びで遊んでいたときのように楽しくダイエットをしてみてはいかがでしょうか?

また、どうしても縄跳びを買いたくない、縄跳びをしている姿を見られたくないという人はエア縄跳びでも大丈夫。

縄跳びをしているときと同じように手首を動かしながらジャンプを繰り返すだけでも効果はあります。

みなさんもぜひ、縄跳びダイエットを始めてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました