【お酒は太る!?】ダイエット中でも太らない飲み方は?

f:id:kamoshun:20200517070624j:plain

ダイエット中でもお酒を飲みたくなったり、仕事の付き合いなどでどうしても断れない飲み会が入ることってありますよね。

「お酒は太る」と言われますが、ダイエット中でも飲んでいいお酒や太らないお酒の飲み方ってあるのでしょうか?

今回は、ダイエット中でもお酒とうまく付き合っていくための「太らないお酒の飲み方」について書いていきます。

お酒は太る?

f:id:kamoshun:20200227095228j:plain

お酒は太ると言いますが、実は、お酒には太りやすいお酒太りにくいお酒があります。

太りやすいお酒というのは、「糖質を含むお酒」です。

糖質はエネルギーとして消費されない限り、脂肪細胞に中性脂肪として蓄積されます。

糖質を含むお酒の代表がビールです。

お酒を飲むときによくカロリーを気にする人がいますが、注意したいことはカロリーではなく糖質です。

お酒に含まれるカロリーは、エンプティカロリーと言われ、血行促進や体温を上げるなどで、体内ですぐに消費される性質を持っています。

カロリーよりもお酒に含まれる糖質が、太る原因になってしまうのです。

さらに、ビールには唐揚げなどの脂っこいおつまみが良く合うので、糖質と一緒に脂質もとってしまうため太る原因になってしまいます。

他に、気を付けたいのがカクテルです。

カクテルは甘くて飲みやすい分つい飲みすぎてしまいがちですが、ジュースなどで割っているため糖質を多く含みます。

また、いくらお酒のカロリーが消費されやすいといっても、飲みすぎれば太る原因になってしまいます。

一方で太りにくいお酒というのは、ウィスキーや焼酎などの「蒸留酒」です。

蒸留酒には糖質が含まれていないので、太りにくいとされます。

蒸留酒を割って飲む場合は、甘いジュースなどで割るのではなく、水やお茶、炭酸水などで割るようにしましょう。

どうしてもビールが飲みたいというときは、糖質オフビールを選ぶといいでしょう。

ただ糖質ゼロではなく、糖類ゼロと書かれたものの中には、砂糖などの糖類は含まれなくても、合成甘味料などが含まれていることがあるので注意が必要です。

【太りやすいお酒】

ビール、日本酒、梅酒などの果実酒、甘いカクテル、マッコリ、白ワイン

【太りにくいお酒】

焼酎、ウィスキー、ラム、ウォッカ、ジン、ブランデー、テキーラ、赤ワイン、糖質オフビール

おつまみを選ぶ

f:id:kamoshun:20200517133019j:plain

お酒は太ると言われる理由には、おつまみも関係しています。

アルコール自体は1gあたり7kcalと高カロリーですが、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、体内にはほとんど吸収されないため、実際の摂取カロリーは表記されているものよりもかなり低いと言われています。

問題はお酒を飲むときに一緒に食べるおつまみです。

お酒のおつまみには脂っこいものやカロリーの高いものが多く、カロリーオーバーになりがちです。

また、アルコールを飲むと食欲が増すため、お腹がいっぱいでもつい食べ過ぎてしまいますし、お酒を飲んだ後には、〆のラーメンやお茶漬けといった糖質の多い物や、アイスクリームなどの脂質の多いものを食べてしまうことが多いので太ってしまうことになります。

おさけのおつまみにはなるべく糖質や脂質の少ないものを選び、野菜やたんぱく質をとるようにしましょう。

また、お酒はエンプティカロリーと言われていますが、飲みすぎれば太る原因になってしまうので適量を心がけましょう。

【太りやすいおつまみ】

ごはん類、麺類、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの、イモ類、揚げ物

【太りにくいおつまみ】

枝豆、豆腐、刺身、焼鳥、チーズ、キムチ、ナッツ、玉子焼き、サラダ、するめ

太りにくいお酒の飲み方

太りにくい飲み方を知ることで、ダイエット中でもうまくお酒と付き合っていくことができます。

①糖質の低いお酒を選ぶ

ビールや日本酒などの糖質を含むお酒は太る原因になるので、ウィスキーや焼酎といった蒸留酒を選ぶようにしましょう。

②お酒と一緒に水を飲む

水を飲むことでお酒を飲む量を減らすことができます。

また、アルコールの分解には大量の水を必要とするため、二日酔いの防止にもつながります。

③割って飲むときは、お茶や水、炭酸水を使う

アルコール度数の高いお酒を割って飲むときは、甘いジュースなどではなく、無糖のお茶や水、炭酸水などで割るようにしましょう。

④太りにくいおつまみを選ぶ

お酒よりもおつまみで太ることが多いので、おつまみは糖質や脂質の多いものは避け、野菜やたんぱく質を摂るようにしましょう。

⑤空腹で飲まない

空腹でお酒を飲むと酔いやすくなる上に、血糖値が上がって、インスリンの分泌を促すので太る原因になります。

お酒を飲む前に乳製品を摂ると、胃に膜を張ってアルコールが吸収されにくくなるので、酔いにくくなります。

牛乳や無糖のヨーグルトなどを食べるとたんぱく質も摂取できるのでおすすめです。

「太らないためにお酒は絶対に飲まない」と無理に我慢しすぎると、それがストレスになって太ってしまう原因になることもあります。

お酒もおつまみも、太りにくいものを選んで適量を楽しむようにすれば、ダイエット中でも問題ないでしょう。

ダイエットは継続が大切です。

ストレスのないように楽しみながらダイエットしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました